ビットコインにおけるブロックチェーンのしくみ

ネット上に流通する仮想マネーについては常にその安全性が問題となります。
デジタル化された貨幣という特徴上、もしかしたら誰かによってコピーされてしまうのではないか、自分の受け取るべきコインが実は偽造されたものでないか、といった不安です。
こういった不安を解消しているのがブロックチェーンという仕組みです。
この仕組があるからこそ、ビットコインは信頼に足る仮想マネーとしての立場を確立したと言っても過言ではありません。
取引によってコインが元の所有者から新しい所有者に移動するときには電子署名が付けられますが、このサインだけではコインがほんものなのか、それともコピーされた偽物なのか判断することはできません。
しかし、ビットコインではすべての取り引きをブロックチェーンと呼ばれる取り引き帳簿に記録することが義務付けられていて、そのコインが誰のものでどこから送られてきたのかということを誰でも閲覧できることができるようになっています。
しかも、過去のブロックチェーンについては書き換えができないようになっているため、もしコピーされた通貨が使われると本来所持しているコインと数との間に違いがでてしまうので、取り引きができないようになっています。