電力の自由化でどう変わる電気料金

ついに電気にも民営化と、競争の考えが働くようになります。
これは、今の電気を消費者が購入先を選んで使うことができるということです。
では、電気の自由化で電気料金はどのようになるのでしょうか。
電気料金は上がるのでしょうか、それとも下がるのでしょうか。
電力自由化でいろいろな会社が電気供給をするようになります。
そこで、各社が発電する電気を家庭で契約をして送電してもらうということになりますので、電気料金の支払いは今の電力会社ではなく、契約をした会社に行うことになります。
今例えば東京電力に支払っている料金を別の会社と契約をした時には、そちらに料金を支払うことになります。
ただ、送電線は東京電力の物をそのまま利用するので、別会社と契約をしても、契約時に別途お金が掛かることもないようになると思います。
現在の評論家たちが行っているのをまとめるとそうなりますが、実際のところ電気料金はどうなるのでしょうか。
各社で競争をしますので、電気料金は下がるのではないかといわれています。
ただ、一部の評論家の中には電気料金は下がらないと言う人もいます。
料金は、競争が始まると当然下がるのが当たり前と思いますが、実際はどうなのでしょうか。
専門サイトで、今後の電気に関する最新情報が確認できます。