交通事故の相談はプロにしましょう

交通事故は、できれば避けたいものです。
だからこそ、日ごろの安全運転と、リスク管理が大事です。
それでも事故が起きてしまったら、なるべく迅速にすべてを終わらせたいと思うはずです。
まず事故が起きたらすぐに警察に連絡して、その後けが人がいたら救急車を呼びます。
それらが済んでから保険会社に連絡をします。
軽微な事故でしたら、この後警察による調査が終われば、あとは保険会社とスムーズに交渉をして終わりとなるのですが、必ずしもスムーズにいくとは限りません。
けがの程度や、後遺障害等の程度や支払金額などでもめることもあります。
過失割合は、基本的に判例タイムズにのっとっていくのですが、それでも多少の意見の食い違いが生まれることもあります。
また交通事故の怪我に対する支払金額でも慰謝料が、保険会社基準なのか、それでは納得いかないかでもめることも考えられます。
もし怪我をしていて、どうしても支払金額に納得がいかない場合には、弁護士などの交通事故のプロに相談してみましょう。
そうすれば、プロの人のアドバイスを受けることができますので、どの程度が妥当なのかという相場にのっとって、納得して事故処理と示談に向けて前進していけるからです。
交通事故の示談金や賠償金の相談|交通事故賠償金算定センター