大阪のソウルフードと一緒に飲みたい浪花酒造

浪花酒造と聞くと、洞爺湖サミットで日本を代表する美酒として各国首相に振る舞われて、世界中から注目を浴びており、少し敷居が高い感じとイメージされる方がいます。
確かにサミット直後から買い求める人が急増して品薄状態が続いていましたが、自慢の「浪花正宗大吟醸」だけでなく、もっと気軽に日本酒に親しんで欲しいというタイプのお酒も製造しているんです。
それが大阪のソウルフード「たこ焼きに合う酒」と「お好み焼きに合う酒」です。
こちらは従来品のボトルタイプではなく、誰でも気軽に手に取りやすい180mlのカップタイプです。
浪花酒造の職人たちが、自分たちで造った日本酒を飲む際に必ずといっていいほど、たこ焼きをツマミにしているのを見て現社長が思いついたアイディア商品になっています。
どんな酒かというと、濃厚なたこ焼きのソースに負けない濃さが自慢です。
たこ焼きに合う酒があるならお好み焼きバージョンも欲しいと造られた酒は、しっかりとした辛口です。
「なるほどピッタリ!」を実感してみましょう。