長く使うためにも太陽光発電のメンテナンスをしっかりと

太陽光発電は屋根や屋上、地面など太陽がしっかり当たる場所に設置するものです。
つまり、日々、紫外線や風雨にさらされ、チリやホコリにもさらされています。
鳥のフンが落ちて着たり、飛んできた枯れ葉が太陽光パネルに張り付いたり、周囲の木の枝などが落ちたり、風で何処からか飛んできたビニール袋などが覆いかぶさることもあります。
少しくらいのゴミやホコリで発電量が大きく左右されることはありませんが、枯れ葉が積もってしまったり、ビニール袋や太陽の鳥のフンなどで太陽光パネルが太陽光をスムーズに受けられないほど閉ざされてしまうと、発電量が低下してしまいます。
そうならないためにも、定期的なメンテナンスは不可欠です。
メンテナンスというと機器が正常に動くかをチェックしたり、部品などの取付を確認したりというイメージを持たれるかもしれません。
ですが、太陽光パネルや架設台などの清掃も重要です。
積み重なった枯れ葉を取り除いたり、鳥のフンを洗い流したり、飛んできたゴミなどをキレイにすることで発電量が維持できるためです。
もっとも、設置した人が簡単にできる仕事ではありません。
屋根の上にのぼったり、パネル等にダメージを与えず作業するのは難しいためです。
専門のメンテナンス業者に定期サポートをお願いしましょう。