ビットコインが普及していくためには

近頃話題になることが多いビットコインは、日本語では仮想通貨、あるいはデジタル通貨などとも呼ばれています。
コインという言葉から実際にお金があるように感じますが、硬貨や紙幣のようにリアルに手に持って使える形のお金ではありません。
あくまでもインターネット上の取引でのみ使うことができますので、インターネットショッピングサイトにおける電子マネーやポイントなどが似ていると言えます。
国ごとに分かれている通貨では、自国の通貨を統括し、管理する機関があります。
日本で言えば日銀が当たりますが、ビットコインはこうした国家が主体となって管理する中央銀行のようなものを持ちません。
実際に世界各国の通貨と交換することは可能なのですが、その際も金融機関を通さずに独自の取引所で行いますので、諸経費や手数料といった通常の通貨取引でなら発生するはずの費用が、全く掛からないというメリットがあります。
国によっては教育費の支払いをビットコインで出来るようにしているところもあり、介入が多いリアルな通貨よりもメリットが多いと考える人が増えてきました。
このあたりのことがもっと詳しく理解されるようになれば、さらに普及は広まっていくに違いありません。